青汁でニキビや吹き出物対策できる?

青汁 ニキビ

 

 

吹き出物は別名大人ニキビとも呼ばれますが、思春期に出来るニキビと違ってその原因は様々です。思春期ニキビの一番大きな原因は、皮脂がたくさん出過ぎて毛穴が詰まってしまい、アクネ菌が増えてしまう事なので、それに注意してケアをすればOKですが、大人ニキビはそうはいきません。


吹き出物の主な原因は、お肌のターンオーバーが乱れて古い角質が毛穴を塞いでしまうことですが、ターンオーバーは食生活の乱れやストレス・睡眠不足・ホルモンバランスの乱れ・内臓の調子が悪い時や便秘などでも乱れてしまいます。


さすがに青汁でもこれ全部、どんな原因の吹き出物でもケア出来るというわけではありません。青汁で良くなる可能性がある吹き出物は、大きくわけると二種類あります。


野菜不足による吹き出物


野菜不足により栄養が偏ることで肌への栄養も滞るために起こる吹き出物があります。その吹き出物に対して青汁で不足している栄養素を補うことで改善が期待できることを書いてください。

 

毎日忙しくしていると、つい外食やコンビニのお弁当で済ませてしまったり、食事の回数を減らしてしまったりしがちですが、その食生活ではかなり意識して摂らないと野菜不足になりがちです。


野菜はご存じのとおりビタミンの宝庫!ビタミンは健康を維持するのに欠かせない栄養素ですが、美肌や吹き出物対策でもなくてはならないものなのです。


  • ビタミンA…ターンオーバーを促進
  • ビタミンB群…肌や粘膜の健康を保ち皮脂の分泌もコントロール
  • ビタミンC…コラーゲンを作るために欠かせない栄養素。ニキビの炎症も抑える
  • ビタミンE…お肌にダメージを与える活性酸素の働きを抑え、ビタミンAとCの働きを良くする

それならサプリメントで…と思った人もいるかもしれませんが、ビタミンはお互いが助け合うような性質があるのでバランスが大切。なかには摂りすぎると逆に吹き出物が悪化する可能性があるビタミンもありますので、出来るだけ自然に、食事などから摂るのが一番なんです。


その点青汁はというと、原材料をチェックしてもらえれば野菜や果物などの粉末で出来ているものが多く、野菜が本来持っているビタミンやミネラルを手軽に、そして安全に摂る事が出来ます。


1日に必要だと言われている野菜350gを食事に取り入れろ…なんて言われると、いくら吹き出物に良いといってもちょっと難しく感じてしまいますが、青汁を飲めば野菜不足で足りない栄養素が摂れて、しかも吹き出物対策が出来るということなら、試してみる価値はありそうです。



ストレスにも睡眠にも野菜は大事

実はストレスに対抗するホルモンを作るためにもビタミンCが必要で、野菜不足は睡眠の質にも関係していると言われています。ストレスが多い人やぐっすり眠れないタイプの睡眠不足の人なら、その吹き出物もケア出来ちゃうかも!?

主婦イラスト,これ,

 

 

便秘による吹き出物

吹き出物,便秘


男女ともに悩まされている人の多い便秘ですが、これも吹き出物の原因の一つです。便秘になると腸内に悪玉菌が増えてしまい、活性酸素を大量に作ってしまいます。この活性酸素が吹き出物の原因になるんです!


しかも便として体の外に出るはずだった老廃物や毒素が体の中に溜まってしまい、腸から血液に入って体中を巡る事になってしまいます。毒素をそのままには出来ませんから、それをどこかからか出さなくてはいけません。その出口となるのが…そう、毛穴です。毒素を出す=吹き出物になるというわけです。


腸内環境が悪くなると善玉菌の働きが悪くなってしまいます。実は腸内の善玉菌は皮膚細胞を活性化させるビタミンを作っているので、それが減ってまうということは更にお肌の状態を悪くしてしまうのです。


吹き出物をなくすためには便秘の改善は必須!そこで頼りになるのが『食物繊維』です。食物繊維には便の量を増やして腸を刺激する「不溶性食物繊維」と、便を軟らかくして善玉菌を元気にする「水溶性食物繊維」の2種類がありますが、なんと青汁はこの両方が摂れてしまうんです!!


不溶性食物繊維と水溶性食物繊維のバランスは2:1が良いと言われていて、男性は1日20g以上・女性は18g以上が食物繊維の摂取基準となっていますが、なかなかそれをクリアするのは難しいのが実情です。


青汁の主な原料になっている明日葉やケール・大麦若葉はどれも食物繊維が豊富で、多くの青汁に入っている「難消化性デキストリン」は不溶性より摂りにくいとされている水溶性食物繊維になります。


食物繊維の多い食べ物の表を見ると「可食部100gあたり」となっていて、思わず『そんなに食べられるか!』って言いたくなっちゃう食品も多いですが、粉末になっている青汁ならもっと少ない量でたくさんの食物繊維が摂れるのが嬉しいですよね。



水分も大事

実は水分不足も便秘の原因の一つです。青汁を飲めば1日の水分摂取量も増えて一石二鳥!!

OL




青汁便秘による吹き出物に効果的な青汁は明日葉!

青汁には明日葉、ケール、大麦若葉などが使われています。食物繊維は明日葉に一番多く含まれているため、便秘解消には明日葉が多く含まれる青汁を選ぶよう勧めてください。

また、肌の再生に重要なビタミンA、B2、Cの成分も明日葉には豊富に含まれていることを書いてください。明日葉、ケール、大麦若葉の3つの成分を表(部品クラス>プリセット>表を選択)にして比較してください。

 

青汁は明日葉・ケール・大麦若葉のどれが主原料でも食物繊維は豊富ですが、やはりその中でも多い少ないはあります。便秘解消が目的で青汁を飲むなら、やっぱり食物繊維が多いものを選びたいですよね?


そこでこの3種類の主原料を、栄養成分が比べやすいように表にしてみました。ただし明日葉とケールについては「日本食品成分表2015年版(七訂)」を参考に出来ましたが、大麦若葉については何故か記述が無かったので、あくまで比較のための参考…という目で見てください。

 

栄養成分(単位)/食品名 明日葉 ケール 大麦若葉
食物繊維(g)
ビタミンB2(mg)
ビタミンC(mg)
ビタミンE(mg)
ビタミンB6(mg)
β‐カロテン<ビタミンA>(μg)
5.6
0.24
41
2.6
0.16
5300
3.7
0.15
81
2.4
0.16
2900
4.11
0.147
70
1.19
0.055
2538

(※生で100gあたり)


こうしてみると、食物繊維の量では明日葉が断トツなのがわかりますね!便秘を改善するために青汁を飲むのであれば、明日葉が多く入っているものを選ぶのが良いでしょう。

ただ他の原材料にはそれ特有の良いところがありますので、自分の吹き出物は何が原因で出来ているかを考えた上で、原材料や成分表示を良く見て自分に合ったものを選ぶことが大切です。

 

青汁青汁で吹き出物が悪化!?それは好転反応かも!

 

青汁,好転反応


不調を感じて健康食品を摂り始めたり、体質改善を始めたばかりの人から「よけいに酷くなった」とか「止めたら元に戻った」…という声が上がる事がありますが、それは全部悪い事なのでしょうか?

もしかしたら、それは『好転反応』と呼ばれる良い事なのかもしれませんよ。


好転反応とは?

好転反応とは、もとは東洋医学で使われる用語で、治療の途中で体に溜まっていた老廃物や毒素が流れることによって、一時的に症状が酷くなったように見えたり、思いがけない不調が出てしまう事を言います。


不調の症状は様々で、頭痛や眠気がでたり、だるさや発疹・便秘に下痢にと治療に関係ない部分に出る事もありますが、これはあくまで一時的なもので、治療が進んで体が正常になるとなくなっていきます。


これをふまえて、近頃では健康食品を取り入れたり、デトックスや体質改善を始めた時、体がそれに慣れるまで同じく不調が出たり、一時的に症状が悪化したような感じになってしまう事を「好転反応」と呼んでいます。

 

良くなる兆候!

好転反応は一見症状が悪化してしまうことから、逆効果だったと思いがちですが良くなる兆候であると言われています。老廃物が多い人ほど症状が現れやすいと言われていることを書いてください。1ヶ月ほど継続して青汁を飲んでも症状が良くならない、または悪化する場合は飲むのをやめ、医師へ相談することを勧めてください。

 

好転反応は出始めだけを見ると症状が悪化してしまったように感じるので、「自分には合わなかった」とか「逆効果だった」と思われがちですが、実は『これが出ないと本当には良くならない』と言われるくらい嬉しい反応なんです!


これは吹き出物対策でもいえることで、体に老廃物や毒素がたくさん溜まっている人ほど大きな好転反応が出やすい傾向がありますので、一時的にニキビや吹き出物増えてしまったり、酷い吹き出物が出てしまうこともありますが、体の状態が良くなれば自然と治まっていきます。


今まで毒素が溜まった状態で体が安定してしまっていたわけですから、それを流すとバランスが崩れて、毒素が体の外に出されて綺麗になって安定するまで待たないといけないんですね。


例えるなら、部屋がすごく散らかった時に、片付け始めると終わるまで余計に散らかって見えるような感じです。ゴミは自然に消えるわけではないので、途中で止めると綺麗にならない!それが好転反応です。

 

ただし見極めも大切

青汁,お医者さん

ただ青汁を取り入れるうえで気をつけなくてはいけないのは、全ての人に合うとは限らない事です。青汁は食品ですので、アレルギーなど体に合わない事もあります。

もし1ヵ月ほど飲んでみても全然効果が無かったり、症状が悪化してしまった場合には体に合っていない可能性もありますので、飲むのを止めてお医者さんに相談してくださいね!

コメントは受け付けていません。