ビタミンCの多い食品(野菜)!含有量と食べ方やレシピご紹介

レモン

ビタミンCと言えば、ビタミン類を代表する存在です。健康全般にとって大事なビタミンCはどうやって摂取したらのか、ビタミンCを多く含む野菜とその含有量についてリサーチしました!


ビタミンCは皮膚や粘膜の健康維持を助けるとともに抗酸化作用を持つ栄養素です。ビタミンCは誰でも知っている栄養素ですが、不足しがちな人もいる栄養素です。ですから定期的に摂取する事が必要ですが、この栄養素は野菜にたくさん含まれています。

ビタミンC


いくつか代表的な野菜を見てみましょう。まずは赤ピーマンですが、こちらには100グラムあたり170mgものビタミンCが含まれています。パセリにも多く120mgありま。芽キャベツは110mgです。

にがうりやピーマンには76mg、モロヘイヤには65mg、ブロッコリーは54mg、かいわれだいこんとカブとつまみ菜は47mg、さやえんどうや菜の花は44mg、明日葉とキャベツは41mg、西洋カボチャは32mg、しそとクレソンは26mg、小松菜は21mg含まれています。

 

青汁ビタミンC不足を補うために理想の食べ方は?


ビタミンCの必要摂取量はどれくらいでしょうか?成人の男性であれば、推奨されているのは100mgほどです。女性も同様で100mgです。わたしたちの体は体内でビタミンCを合成する事はできません

ですからビタミンCを体外から摂取しないといけませんしかしその摂り方には少し工夫が必要です。

ビタミンC

ビタミンCは水溶性のビタミンですので尿として排出されてしまう部分もあります。ですから一度にガバッとビタミンCを摂取するのではなく少しずつ摂るのが理想的です。例えば一日三食の際にそれぞれ摂取するという感じです。

 

青汁おすすめのレシピ


上記の野菜を使っていろいろな料理を作る事ができますが、一例として上記のビタミンC含有量トップの赤ピーマンと、「野菜の王様」と呼ばれるモロヘイヤとを使ったレシピを一つご紹介します。「赤ピーマンとモロヘイヤの和え物」です。

使う材料はモロヘイヤが1束より少しすくないくらいと、赤ピーマンが小ぶりのものを1個ほどです。作り方ですが、まずモロヘイヤの茎を取ってから湯がきます。水気を切ったら小さめにカットします。赤ピーマンも細く切ってゆでます。ゆでたらモロヘイヤと合わせます。

味付けはみそと砂糖とだしだけでOKです。みそは大さじ1、砂糖は小さじ1と少々、だしは大さじ1と少々です。好みに合わせて調整できます。合わさったそこにすりごまを入れて風味を良くし、最後に赤ピーマンとモロヘイヤとミックスすれば完成です。

 

ビタミンCが摂れるマルチビタミンサプリランキング

コメントは受け付けていません。