青汁ダイエットの3つの注意点とは?!正しく痩せてリバウンドしない方法

青汁ダイエット

 

青汁ダイエット


モデルのペコさんやタレントのGENKINGさんなど、青汁をダイエットに活用している芸能人は多いですね。ダイエット目的で青汁を検討している人も多いかと思います。

 

しかし、青汁ダイエットは1歩間違うと逆効果になる可能性もあるので注意が必要です。青汁をダイエットに活用する際の注意点についてまとめてみました!

 

青汁はサポート食品!

 

青汁はビタミン・ミネラル・食物繊維が豊富で、野菜不足を補うのには最適な食品。肉食やファストフード・加工食品の割合の多い現代人をサポートしてくれる食品ですが、あくまでサポート役の青汁は食事の主役にはなりえません

 

置き換えダイエットはNG

 

スムージーやプロテイン・野菜サラダなど1品で1食を済ませてしまう「置き換えダイエット」が流行っていますね。青汁の中にも、置き換えダイエットに使用することがオススメされている商品があります。

 

確かにカロリーが大幅にカットされる置き換えダイエットは、はじめのうちは効果が高いと言えるでしょう。しかし、長期間置き換えダイエットを続けてしまうと逆に代謝が落ち、他のダイエット方法でも痩せにくくなってしまいます。

 

青汁青汁ダイエットの注意点その➁糖質のみカット

 

青汁ダイエット,タンパク質


「炭水化物を全く摂らない」「脂肪分はなるべくカットする」「とにかくカロリーの低いものを」といった食事制限ダイエットをしている場合も、青汁の効果が半減してしまいます。

 

青汁の一番の効果はデトックスを促し、新陳代謝を活性化させること。人の活動の燃料となる糖質や脂質、体のもととなるタンパク質、どれが欠けても体内のサイクルが狂ってしまいます。

 

たんぱく質は必要

 

ダイエット中でも減らしてはいけないのが「タンパク質」です。タンパク質が不足していると筋肉量が減少して痩せにくくなるだけではなく、お肌や髪の毛のもとが不足して見た目もぐっと老け込んでしまいます

 

1食あたり、手のひら1枚分の肉や魚、卵や大豆製品を食べる事が推奨されています。青汁にはタンパク質がほとんど含まれていないので、必ず食事で補うようにしましょう。

 

糖質カットで痩せやすく

 

カロリーを調整しやすいのが「主食」や「スイーツ」などに多く含まれる糖質です。調味料として砂糖を使う機会の多い日本人は糖質を摂りすぎているというデータもありますので、控えても良いでしょう。

 

しかし「糖質を1日50g以下」などと極端な糖質制限をするのはリバウンドや心臓病のリスクが高まり危険です。毎食の炭水化物を半分に抑える程度でも十分な効果があります。

 

脂質も適量を

 

糖質・タンパク質・脂質のうち一番カロリーが高いのが脂質です。油分が少ない食事をすると比較的楽にカロリーカットできるので、なるべく油を落とす調理法を心がけている方も多いのではないでしょうか?

 

確かに、脂質の摂りすぎは肥満だけでなく、動脈硬化や心臓病のリスクが上昇します。しかし、脂質を極端に制限してしまうとお肌の乾燥やホルモンバランスの乱れ、冷え症を招いてしまいます。脂質も全く摂らないのではなく、控える程度で十分です。

 

 

青汁青汁ダイエットの注意点その➂飲みすぎは体調不良の原因に

 

青汁ダイエット,注意点


少しでも効果を実感したいから、と1日に何杯も青汁を飲むことも良くありません。栄養素の多くは1度に吸収できる量があるので、たくさん飲んだからと言ってその分効果が出るわけではありません。

 

逆に青汁に含まれる食物繊維を摂りすぎてしまい、腹痛や下痢が起こる可能性があります。体調を崩してしまっては意味がありませんので、メーカーの推奨している量を守って飲むようにしましょう。

 

 

青汁青汁ダイエットの粉末定期コースの注意点・・解約条件の理由とは?

 

多くのサプリメント・ダイエット食品に共通するのが「ある程度は継続しないと効果を実感できない」という事。青汁も例外ではなく、便秘解消に1週間~、ダイエットには1ヵ月以上飲み続けて効果を実感する人が多いようです。

 

長く続けるなら安いほうが良い!と定期コースを申し込む方も多く、またお得な購入方法として定期購入が紹介されますが、解約時にトラブルが起きたり、実際には電話がなかなかつながらなくて、解約にこぎつけない、ということも多くあり苦情になるケースがあります。販売会社によって、定期購入のしばりが様々あります。4か月以上継続するのが条件ではじめにお得価格が約束されている青汁や、いつでも解約や休止ができてしばりが全くない会社もあるので、契約する前に、よく確認をしておきましょう。

 

 

青汁青汁ダイエットには注意点が多い?失敗例をご紹介!

 

青汁ダイエット,リバウンド

 

青汁でダイエット効果があった人も、下のツイートをした人のようにダイエット期間中ハードな制限をかけていた人ほどリバウンドしてしまう傾向があるようです。

 

また、思い切って定期コースを契約したものの続かなかった、という人も意外と多いようです。1ヵ月分お試しで安く購入できる商品もたくさんあるので、自分に合ったものを見つけてから契約するほうが良さそうですね。

 

間違ったやり方を続けていると太りやすくなったり体調を崩す可能性がある・・・と聞くとなんだかネガティブなイメージですが、バランスの良い食生活や生活習慣に青汁がプラスされると強力なダイエットサポート飲料となります。痩せたいから、と極端な制限をかけずに長い目で青汁生活を楽しみましょう!

コメントは受け付けていません。