青汁の貧血予防や改善効果について!疲れにも効くメカニズムを紹介

貧血予防

貧血って青汁で改善できるの?効果や生活習慣の注意点とは?


青汁,貧血予防

 

貧血は女性に多い症状の一つで、無理をしてしまうと意識を失う場合もあり、油断をしてはいけない症状です。

 

貧血には葉酸や鉄分が有効といわれていますが、意識して摂るのはけっこう難しいですよね。青汁には貧血改善に役立つ栄養素が多く含まれていますが、生活習慣と合わせて対策をすることで貧血を予防できます。

 

女性の5人に一人は貧血


貧血とは血液内の赤血球が足りない状態をいい、女性の5人に一人は貧血症状を抱えているといわれています。主な症状はふらつき、めまい、頭痛、吐き気、倦怠感などで、症状が悪化するほど気分が悪くなり立っているのもやっとという人もいます。

 

男性よりも女性に貧血が多い理由は月経や無理なダイエット、偏った食事や生活が原因です。主に無理なダイエットを続けている、朝の朝食を抜くなどをしている人は貧血もしくは貧血予備軍として気をつけなければいけません。

 

無理は禁物!


貧血症状が現れやすい人は、ふらつきやめまい、吐き気などの自覚症状を感じたら無理せずに休むようにしましょう。

 

貧血はただ血が足りないと勘違いしていると大事になり、大変危険です。貧血状態になると体の隅々に酸素も十分に行き渡らないので、無理をして放置してしまうと意識を失う場合もあります


電車の中などで倒れる人も!

貧血を自覚している場合にはきちんと対策をする必要があります!
貧血によって電車やバスの中、人混みの中などで意識を失ってしまう人もいます。貧血はただの鉄分不足と思ったら大間違いです!
人が助けてくれる場合にはまだ安全ですが、人が少なく誰も助けてくれない可能性を考えると日頃の対策がとても重要です。自分を守ることにつながるので、貧血は甘く見てはいけませんよ!

青汁 主婦 悩み


貧血には3種類の原因があり、鉄分不足が原因の「鉄欠乏性貧血」、葉酸やビタミンB12不足が原因の「悪性貧血」、腎臓病が隠れている可能性のある「腎性貧血」などがあります。

貧血といっても中には命に関わる病気を抱えている場合もあるので、対策をしていてもなかなか改善しない場合には一度医療機関で診てもらいましょう。

 

青汁は鉄分が豊富


鉄欠乏性貧血の予防にも普段から鉄分を摂るようにしましょう。青汁には鉄分が豊富に含まれています。また野菜サラダや煮物などの料理から摂取するよりも、青汁の方が効率的に鉄分を摂取できるので貧血の改善に期待ができます。

 

葉酸やビタミンB12も含まれる青汁は、女性に多い貧血のほとんどを予防できるので、普段からふらつきやめまいがするという場合には青汁で改善してみましょう!

 

鉄分の吸収を助けるビタミンC


青汁,ビタミンC鉄分は単体で摂取するよりも、ビタミンCと同時に摂取することで体内での鉄分の吸収率が上がります。青汁にはビタミンCも豊富に含まれているので、青汁を飲むだけで貧血対策が万全です。

 

これらの栄養素を食事だけで摂取するのはとても大変です。ちなみに健康維持するための1日当たりの野菜摂取量は350gを厚生労働省では目標値にしていますが、毎日野菜をたくさん食べている人でも、この数値を満たす人は全体の約30%しかいなく、平均摂取量は280g程度で70gほど足りません。

 

不足分の70gを補うためには、ほうれん草で言うと2-3株(1/3束)程度になりますが、最近では流通の進化のために、野菜本来の栄養素が食べる頃には、ほとんど失われているという現状もあり、多くの野菜を食べていても、思ったより栄養素が摂取できていないという傾向にあります。

 

青汁は、粉末タイプのものがほとんどで、保存にも適しているし、手軽に飲むことができるので、毎日続けやすいというメリットがあります。また、いつもの食事にプラスしてレシピにすることもできるので足りない栄養素を食事で補うのにも便利です。青汁で足りない栄養素をプラスしつつ、バランスの良い食事へと改善していきましょう!

 

青汁貧血には葉酸も大切だった!青汁と食事で改善しよう!


葉酸,貧血

 

貧血を改善するのは鉄分だ、とよく言われますが、実はそれだけでは改善は難しいんです。

 

貧血を改善するには鉄分のほかに「葉酸」も必要です。葉酸は女性に必要な栄養素として知られていますが、不足すると認知症のリスクを上げたり男女共に不妊症になるなど貧血以外にもさまざまな症状や病気を引き起こします。

 

葉酸は血液を作り出す役目


貧血は鉄分を補う必要がありますが、それと同じくらい重要視されるのが葉酸です。

 

葉酸は赤血球を合成する働きを持っていて、血液を作り出すという重要な役割があります。貧血を予防するときには、この鉄分と葉酸を一緒に摂取する方が貧血予防には効果的です。

 

青汁にも葉酸が含まれているものがありますが、青汁だけに頼り切らず、食事からまず摂取できるようにしましょう。葉酸を含む食品は枝豆やほうれん草、かぼちゃ、モロヘイヤなどの緑色の野菜、いちご、キウイなどの果物に含まれています。

 

鉄分を含む食べ物


貧血予防・対策に青汁は効果的ですが、青汁だけに頼っていると必要な栄養素が不足してしまい、貧血のほかにもさまざまな症状を引き起こします。

 

普段の食事からも鉄分を多く摂取する必要があるので、鉄分を含む食品を食事に摂り入れるようにしましょう。鉄分を含む食べ物はレバーや緑黄色野菜、貝類、干しブドウ、大豆製品、ココアなどです。

 

鉄分の吸収を助ける食べ物


鉄分を摂取しても、それだけでは吸収率が悪いため多くが排出されてしまいます。どれだけ吸収させることができるかが貧血改善へのカギとなるので、吸収率を上げてくれるビタミンCやタンパク質を含む食べ物を一緒に摂取するようにしましょう。

 

ビタミンCを含む食品はいちごやキウイ、柑橘系の果物、ピーマン、パセリ、ケール、ブロッコリー、モロヘイヤなどです。

 

タンパク質を含む食品は魚類、肉類、卵、大豆製品です。

 

青汁貧血にはケール青汁がおすすめ!


美白,青汁,ケール

 

青汁といっても原料の違いや含まれている成分によって種類がさまざまです。

 

その中でもおすすめはケールが含まれている青汁です。ケールには多くの鉄分が含まれているので、貧血を効果的に改善へと導いてくれます。ただ何となく青汁を飲むよりも、効果的な成分が豊富に含んである青汁の方が飲んでいて効果を感じられます!

 

ケールは鉄分4倍!


青汁の原料に使われているケールには鉄分を多く含む食品に比べ鉄分が約4倍も含まれています

 

他の原料にも鉄分は含まれていますが、貧血対策をより効果的に行いたいなら青汁はケールが含まれているものを選ぶと良いでしょう。ケールは青臭くて苦いというイメージがありますが、青汁はどれも飲みやすいように改良されています。

 

栄養素がたっぷりとつまった青汁で貧血改善・対策を効果的に行いましょう!

 

森永製菓/おいしい青汁


森永おいしい青汁

 

使用しているケールなどの野菜や果物はすべて国産のものを使用し、砂糖・食塩・香料はすべて不使用です。

 

機能性表示食品で、糖の吸収を抑えたりお腹の調子を整える効果が期待できる青汁です。粉末タイプの青汁とは違い、紙パックタイプなのですぐに飲めるので作る手間がありません。

 

ケールのほかにも青汁の原料として有名な明日葉が使用されています。また富士山麓の地下水を使っているので美味しい、飲みやすいと評判です。

 

通常価格は6075円(30本・1か月分)です。

 

本絞り青汁/ファンケル


ファンケル本絞り青汁

 

国産ケール100%で不要なものが入っていない青汁です。

 

ケール100%でも青臭さや苦さはなく、飲みやすいと人気があります。着色料・食塩・保存料・香料を使っていないので安心して飲むことができます。1杯で1日の緑黄色野菜を補えるので、野菜不足を感じているなら飲んでみると良いでしょう。

 

通常価格は4320円(30本・1か月分)です。

ケール青汁ランキング
http://greenvegetable.biz/kale-rank/

青汁青汁で貧血を改善したい人へのまとめ


貧血とは血液内の赤血球が減る病気です。改善には鉄分や葉酸が不可欠で、青汁にはこの鉄分やその吸収を助けるビタミンCが豊富に含まれています。そのため貧血改善に効果が期待されています。

 

特に原料として使われているケールは鉄分が他の食品に比べて約4倍も含まれているので、青汁を選ぶならケールが含まれているものがおすすめです。

 

しかし青汁だけに頼っていると、貧血はなかなか改善しません。普通の食事からも鉄分や葉酸などの栄養素を摂取するように心がけましょう。青汁は補助として利用するようにし、生活習慣が乱れないように気をつけましょう。

 

生活習慣が乱れると貧血を悪化させてしまうので、規則正しい生活を送り、貧血症状を自覚したら無理をしないようにしましょう。

 

コメントは受け付けていません。