カリウムの効果でやせやすいカラダになる方法!青汁の飲み方でデトックス体質に

カリウム,青汁

カリウムは、カラダの中の細胞を正常に保ったり体内の水分バランスを維持する働きを主にしています。

カリウムが不足している状態だと、体内の水分バランスが崩れるので、むくみやすかったり、疲れがとれなかったり、いろいろな健康維持にまで影響が出てしまいます。

青汁に含まれるカリウムは生の状態でいただく新鮮なカリウムで早くカラダの中に浸透します。

疲れやすい人や老廃物がたまりやすい人は定期的にとるようにするといいですね!

体脂肪,カテキンコレステロールの吸収を抑える<キトサン>配合トクホ大麦若葉青汁!

初回お試しを3,420円+税・送料無料、定期お届けコースなら初回980円+税・送料無料です。

大正製薬「ヘルスマネージ 大麦若葉青汁 キトサン」詳細はこちらから

水で混ぜても美味しく飽きない味のサントリーの極の青汁
30包/1箱 3600円が定期購入で3240円(税別・送料無料)
サントリーの極の青汁詳細はこちらから

むくみが気になる人必見!青汁に含まれるカリウムで改善!

 

1日中立ち仕事や座り仕事の人はもちろんですが、そうじゃない人でも忙しくて外食続きの時や、年末年始の忘・新年会、それから歓送迎会なんかで外せない飲み会が多い時期とかに、むくみが気になることありませんか?


むくみとは、血液中の水分が何らかの原因で全身や体の一部に留まった状態のことで、原因は運動不足や冷え・ストレスをはじめとして、栄養の偏りや塩分糖分のとりすぎ、水分の摂りすぎに心臓・腎臓の機能低下と様々です。


むくみが出た時には、服のあとが付いたり靴がキツくなったり…というのも当然嫌ですが、体内の老廃物や二酸化炭素が滞ることで肌の調子が悪くなったり、セルライトの原因になるという話もあるので、美容にとっても悩みの種です。


むくみを解消するためのマッサージや入浴法もありますが、「そんな時間はとれない…」という人や「手軽にむくみ対策がしたい!」という人には、カリウムの含有量が多い青汁を飲む方法がオススメです。

 

カリウムとは?

カリウムとは、身体の機能を正常に保つために必要なミネラルの一つで、食べ物では野菜や果物・海藻などに多く含まれています。


カリウムのほとんどは細胞の中の「細胞内液」に存在していて、細胞外液のナトリウムとバランスをとり、細胞を正常に保ったり体内の水分バランスを維持する働きをしています。


その他にもカリウムは、筋肉を収縮させる働きや、体液のpHバランスを保つ働き、神経細胞で刺激を伝達する働きや老廃物の排泄を促す働きもありますので、体にとって無くてはならない成分です。


健康の維持・生活習慣病の予防を目的に作られた「日本人の食事摂取基準(2015年版)」ではカリウム摂取の目安量は成人男性では2500mg・成人女性では2000mgとされていて、サプリメントでの摂取や腎臓に問題がなければ、多く摂ったカリウムは尿として排出されるので上限はありません


逆にカリウムを多く摂る事で、血圧の低下や脳卒中の予防・骨密度の増加が期待出来るとされていて、日本人の食事摂取基準(2015年版)でも高血圧の予防を中心とした目標量は成人男性で3000mg以上・成人女性で2600mg以上と高めの数値が設定されています。

 

ナトリウム排泄を助ける

よく「しょっぱいモノを食べ過ぎると血圧が上がる」とか「塩分を摂りすぎるとむくむ」言われますが、それは体にナトリウムの濃度を一定に保とうとする働きがあるからです。


塩分の多いモノを食べて、体の中にたくさんのナトリウムが入ってくると、それを薄めようとして体は水分を多く摂ります。そうすると、体は水分を溜めこもうとするのでむくんでしまい、血液の量が増えて血管にかかる圧が増え、血圧も上がってしまうのです。


ナトリウムは腎臓で再吸収や排泄を行っているので、塩分の多い食事ばかりしていると腎臓に負担がかかり、血圧が高くなれば心臓にも負担がかかりますので、腎臓病や心筋梗塞などの原因にもなってしまいます。


そのナトリウムを排出するために必要なのがカリウムです。カリウムは腎臓でナトリウムが再吸収されてしまうのを防いで、尿への排出を促す働きがあります。


カリウムを多く摂ると必要ない分は汗や尿として排出されますが、その時同じ量のナトリウムも一緒に排出されるので、体内のナトリウム濃度が下がれば水を溜めこむ必要がなくなり、血液量も元に戻って血圧は下がり、むくみも解消されるわけです。

 

 偏食志向には必須!

日本人の食事摂取基準(2015年版)では、ナトリウムの1日の目標量は成人男性で8.0g未満・成人女性で7.0g未満とされていますので、それを3食に割ると1食で摂れるナトリウムは2g~3g程度になりますよね。


ちょっと家にあるインスタント食品の食塩相当量を見てみたところ、普通サイズのカップ麺は1.6g~1.9g、冷凍パスタで2.4g、インスタントカレーは2.5g~2.7g、袋麺ではスープも含めると5.6gなんてのもありました



たまーに食べる分には良いですが、普段インスタント食品中心の食事をしていたり、3食に加えてインスタント食品をおやつ代わりに食べている場合、毎日かなりの量のナトリウムを摂取していることになります。

ご紹介



そうなるとカリウムもたくさん摂る必要があるわけですが、カリウムは水に溶けやすい性質があるため、加水調理されているインスタント食品ではカリウムの量は十分とは言えません。


インスタント食品やお菓子でもお腹は一杯になりますが、むくみや高血圧を引き起こさないためには、カリウムを含む野菜や果物も、意識してしっかり摂っていないといけないという事ですね。


外食も場合も、健康志向のメニューを除いては、万人が美味しく食べられるように濃いめの味付けになっていることが多いですから、そこに更にお醤油やソースをかけている食べている人は特にナトリウムの摂りすぎが心配です。


「野菜は嫌い」なんて偏食の人や「付け合わせの野菜は美味しくないから残す」なんて人はもちろん論外ですが、普通に食事をしているつもりでも、インスタントや外食・出来合いのお弁当を多用している時には、塩分が多くてカリウムが少ない食事になっている可能性が高いので、カリウムを含む食べ物の摂取が必須になるのです。

 

手軽に青汁で摂取しよう!

 

カリウム,青汁

 

カリウムを摂取するためには、野菜や果物・海藻などを多く食べれば良いので、毎食野菜サラダや海藻サラダを食べたり、塩分を控えた野菜たっぷりスープや海藻スープを作って一品加えれば良いわけですが、なかなか毎食は難しい…という人も多いと思います。


サラダやスープは作る手間もありますし、買うにしても毎食200円~300円以上プラスになると、お財布的にも結構厳しいですよね。


そんな時に活用して欲しいのが青汁です。青汁というのは、野菜を搾った汁や、野菜を乾燥させて作ったドライベジタブルですから、カリウムもたっぷり含まれています


市販のモノなら水に溶かすだけで飲めたり、そのまま飲めるタイプもあるので作る手間もかかりませんし、1杯あたり100円前後で買えるものもあるのでとってもお手頃です。


粉末タイプならかさ張らないので、鞄のすき間にちょっと入れておいて、外食の前にサッと飲んで手軽にカリウム補給も出来ちゃいます!


カリウムを摂るために、「毎食食事に注意しながら食べなさい」と言われると負担が大きく感じますが、「1~2食は青汁を加えて1食は野菜や果物もしっかり食べなさい」だったら、忙しい人や面倒くさがり屋さんでも、カリウム摂取でむくみ&高血圧対策もやれそうですよね?


 

青汁カリウムが多く含まれる青汁原料は?含有量の比較も!

 

「青汁でカリウムを摂ろう!」と思った時、最初にぶつかる壁は「どれを飲んだら良いの??」というところじゃないでしょうか?どうせなら、カリウムがたくさん入っている青汁を選びたいですよね。


でもひと口に『青汁』といっても、今は販売しているメーカーもたくさんあるし、使われている原材料も様々なので、カリウム含有量の多い青汁がどれなのかはパッと見ではわかりません。


ただ青汁の基本は「野菜」なので、含まれているカリウムの量は、元になっている野菜にどのくらいカリウム含有量があるかがポイントになってきます。

 

青汁原料

 

大麦若葉

最近一番多く見かける青汁といえば、大麦若葉が原材料になっている青汁ですよね。「大麦若葉」とは、その名前のとおりイネ科穀物である大麦の実がみのる前の、若葉の状態で刈り取ったものです。


大麦は、押し麦として食べたり、ビールや麦茶・醤油や味噌などの原料にもなっていますので、私たちの生活に密着した植物でもあります。大麦若葉で作られた青汁はクセが無く飲みやすいので、毎日の習慣にしやすく現在主流の青汁になっています。


大麦若葉のカリウム含有量ですが、実は「日本食品標準成分表2015年版(七訂)」には掲載されていません


当たり前にあるものなのに、国が出している成分表に載っていないというのはちょっと不思議な感じがするかもしれませんが、大麦若葉はそのまま炒めたり茹でたりして食べる物ではないという事と、どのくらい成長させて刈り取ったかで栄養素が違ってくるので難しいのかな…なんて想像したりしています。


とはいえ、主流の大麦若葉のカリウム量がわからないのでは困ってしまいますので、他の企業様が独自に行っている成分分析結果を参考にさせていただきましょう。


日本粉末食品株式会社様の分析結果によると、大麦若葉(日本産)の粉末100gのカリウム含有量は2730mgとなっています。


生のキャベツ100gのカリウムが200mgで粉末は2300mg・生のカボチャ100gのカリウムが400mgで粉末は1480mgなところを見ると、大麦若葉のカリウム含有量はかなり多いといっても良いのではないでしょうか。

 

参照元:http://www.nfy.co.jp/foods/detail/barley_.php

 

明日葉

 

明日葉とは、日本原産とされているセリ科の多年草で、「今日摘んでも明日には新しい葉が出る」といわれるほど生命力が強く、成長もはやいのが特徴です。


明日葉を切った時に出る黄色い汁には「カルコン」という明日葉特有のフラボノイドが含まれていて、内臓脂肪の減少や糖尿病の予防に効果が期待されています。


そんな明日葉のカリウム含有量は、生葉100gで540mgとかなり多く、日本粉末食品株式会社様の分析結果でも粉末100gで3390mgとハイスコアです。

 

参照元: 日本食品標準成分表2015年版(七訂)

参照元:http://www.nfy.co.jp/foods/detail/ashitaba.php

 

ケール

ケールはキャベツの原種に近いアブラナ科の野菜で、暑さや寒さに強く一年中栽培することができ、生命力が強いという特徴があります。


緑黄色野菜の王様』と言われるほどビタミンやミネラルが豊富ですが、独特の苦みやえぐみがあるため、日本では青汁がメインになっています。「不味~い!もう一杯!!」の青汁はこのケールの青汁です。


ただ海外ではスーパーフードとして、サラダや炒め物として食べられていますので、それ程警戒することはありません。睡眠を促すホルモンの「メラトニン」が食べ物のなかで圧倒的に多く含まれているといった、他にはない良さもあります。


そんなケールのカリウム含有量は、生葉100gで420mg・日本粉末食品株式会社様の分析結果では粉末100gで2390mgなので、大麦若葉・明日葉と比べるとちょっと少なめな印象です。


参照元:http://www.nfy.co.jp/foods/detail/kale.php

 

こうして主要の原材料3つを比べてみると、カリウムを摂取するための青汁なら明日葉が一番、次点で大麦若葉を選ぶのが良さそうですね。

 

青汁腎臓が弱い人は要注意・・青汁のカリウムが悪さをする?


 

カリウムは健康な人の場合、多く摂っても尿として排出されてしまうので、むくみの改善や高血圧予防に効果のある栄養素ですが、腎臓の機能が低下していて人工透析を受けているような人の場合、カリウムを上手く尿に排泄出来ずに体の中にカリウムが溜まり高カリウム血症』という状態になってしまうことがあります。


カリウムの正常値は3.6~5.0mEq/Lですが、5.5mEq/L以上になると高カリウム血症とされ、筋肉のしびれや吐き気・知覚過敏や脱力感などを引き起こします。


ただこれらの自覚症状は6.5mEq/L以上にならないとみられない人もいますし、もしかすると気にならない…なんて人もいるかもしれませんが、本当に怖いのはこの後です。



カリウムの数値が7.0~8.0mEq/Lを超えてしまうと、心停止を招く致死性の不整脈を引き起こすことがあるのです…。

青汁 主婦 悩み

 

 





腎臓病というのは最初は自覚症状があまりなく、発見が遅れてしまい受診したときにはすでに慢性腎不全で、透析が必要になる直前だった…ということも珍しくない病気です。


腎臓の機能が低下した時にも、尿が作れなくなるためにむくみ(浮腫)が出ることがありますが、そのむくみを青汁のカリウムで改善することは出来ないのです。


むくみが長引いている場合は、まずは病院で診察を受け、腎臓に異常が無いという診断を受けてから青汁でむくみ対策をしましょう。


すでに受診して治療中の場合は、主治医とよく相談をし、飲んでも大丈夫とお墨付きをもらってから青汁を飲み始めた方が安心です。


青汁の栄養素はカリウムだけではありませんので、程度によっては他の栄養素がプラスに働く事もあります。その場合は、カリウムの多い明日葉が入っている青汁や、ホウレン草など他の高カリウム食材が入っている青汁は避ける工夫も必要ですね。


 

青汁むくみ改善!カリウムを含むおススメの青汁はこちら!

ドラッグストアなんかで青汁を見てみると、原材料も様々だけど、お値段もピンキリだな…って思った事ありませんか?


同じ原材料なら安い方が良いんじゃない??と思う人もいるかもしれませんが、あまりにお安いものはコストを下げるために外国産の原材料を使っていたり、外国の工場で作られているものもありますし、大量生産するために乾燥を高温で行っていて、酵素や栄養素がいまひとつなモノもあるのが現状です。


むくみを改善するために毎日飲むなら、栄養をしっかり摂れて安全安心なモノを選びたいですよね。自分でそこまで調べるのは大変…という人のために、いくつかおすすめをピックアップしてみました。

 

極の青汁/サントリー

 

極みの青汁極の青汁は、国産の大麦若葉と明日葉を使った青汁です。カリウム含有量の多い明日葉も入っていますし、抹茶と宇治煎茶を入れて飲みやすく仕上げてありますので、青汁初心者の人のむくみ対策としてオススメ出来る一品です。


特許製法で従来の1/3の大きさまで細かく粉砕しているため、なめらかな口当たりになっているので、青汁の粉っぽさや口当たりの悪さで挫折した人も試してみる価値がありそう。


吸収力がアップしたケルセチンである「ケルセチンプラス」が独自配合されているので、活性酸素から体を守る抗酸化作用や、動脈硬化予防効果も期待出来ます。


【内容量】
1包3.3g

【価格】
1箱30包入り 通常価格3600円(税別)+送料350円
定期お届けコース10%off 3240円(税別)送料無料

1箱90包入り 通常価格9000円(税別)送料無料
定期お届けコース10%off 8100円(税別)送料無料


長く続けるなら90包入りの定期お届けコースがオススメです。それだと1杯のお値段が90円(税別)とかなりお手頃価格になりますので、缶コーヒー1本やペットボトル飲料を買うくらいの感覚でむくみ対策できますね!

 

【原材料名】 大麦若葉末、マルチトール、フラクトオリゴ糖、ガラクトマンナン(食物繊維)、明日葉末、抹茶、煎茶、酵素処理ルチン

 

ヘルスマネージ大麦若葉青汁/大正製薬

 

大正ヘルスマネージヘルスマネージ大麦若葉青汁は、コレステロールの吸収を抑えてLDL(悪玉)コレステロールを低下させるキトサン」が配合されたトクホの青汁です。


キトサンは、エビやカニ等の甲殻類の殻に多く含まれている不溶性食物繊維で、コレステロールから作られる「胆汁酸」の再吸収を抑えて便として排出させる働きがあり、塩分を排出する働きもあるので高血圧予防も期待出来ます。


JAS認定された九州産の有機大麦若葉を原材料にしていることと、製薬会社の大正製薬が作っている青汁ということで、安心感は抜群ですよね!


特許製法の「超微粉砕製法」で作られているので、大麦若葉は搾らず食物繊維も丸ごと粉砕されていて、口当たりもなめらかです。こちらも抹茶入りで、飲みやすく仕上げてあります。


コレステロールの吸収を抑える効果を最大限に活かすために、食事の前か食事と一緒に飲んで、ご飯のお供にしたい青汁です。


【内容量】
1袋3g

【価格】
1箱30袋入り 通常価格3800円(税別)+送料324円
初回お試し 980円(税別)送料無料
定期お届けコース10%off 3420円(税別)送料無料


1000円で1箱丸ごとお試し出来るのは嬉しいですよね!青汁初心者で毎日続けられるか不安な人でも、980円なら始めやすいと思います。むくみだけじゃなく、健康診断でコレステロール値が高かった人にもオススメです。


【原材料】大麦若葉末、還元麦芽糖、抹茶/キトサン(カニ由来)、トレハロース、増粘多糖類

 

おいしい青汁/サンスター健康道場

 

おいしい青汁サンスター健康道場のおいしい青汁は、珍しい缶入り&ペットボトル入りの青汁です。ブロッコリー・セロリ・キャベツ・ケール・ほうれん草・レタス・パセリ・大根葉・小松菜の9種類の青野菜と、りんご・レモンの2種類の果物で作られているので、野菜ジュースのような飲みやすさが特徴的。


原材料のパセリは生100gで1000mgのカリウムが含まれる食材です。あんまりパセリを生でバリバリ食べる人はいないと思いますが、青汁なら摂りやすいですよね。ホウレン草も生100gで690mg・ブロッコリーは生100gで360mgとカリウム含有量が多い野菜が多く使われています。


独自の「フレッシュピューレ製法」が使われていて、一部の原材料を熱をかけず生のまますりおろし、生野菜のフレッシュな感じと栄養価を出来るだけ損なわない工夫がされています。


青野菜をすりおろしたピューレが約25%入っているため、ちょっとトロッとした感じで、青汁っぽさがないので野菜嫌いのお子様にもオススメ出来る青汁です。1缶で280mgのカリウムが摂れちゃいますよ!


【内容量】
1缶160g
ペットボトル1本900g

【価格】
缶10本 2000円(税別)送料無料
缶30本 6000円(税別)送料無料
定期お届けコース10%off 5400円(税別)送料無料

ペットボトル 900円(税別) スーパーや百貨店など店舗販売専用


10缶でも送料無料なのはありがたいですよね!水に溶かす手間もないので、子供やパートナーのお弁当にちょっとつけてみて、好評なら定期・不評なら他を探す…なんてお試しもしやすいです。

ペットボトルは店舗販売用なので通販では買えませんが、缶の定期お届けと同じくらい割安なので、もし近くのスーパーに置いてあるならば家族でお試し…というのも良さそうですね。


【原材料】ブロッコリー、セロリ、キャベツ、ケール、ほうれん草、レタス、パセリ、大根葉、小松菜、りんご、レモン、クチナシ色素
※砂糖・食塩・香料・保存料無添加。

 

青汁というのは、粉末でも液体でも野菜を細かく砕いた状態なので、消化に負担がかかることもなく、手軽にむくみ&高血圧対策できる飲み物です。しかも野菜不足も補えますから、子供からお年寄りまで、ご家族みんなでLet`s  try 青汁です!

 

コメントは受け付けていません。